会話型検索を目標にしてる

会話型検索を目標にしてる

「キーワード」という考え方からさらに進んで、最大の特徴は「会話型検索」を目標にしてることにある。どのような情報を利用者は求めているのか?そして、どんなふうにいった情報を自社は提供するのか?この2つを突き詰めて考えていく事が大事になる。

2013年にGoogleがよく知られる通り、最新検索アルゴリズムを導入した。特定のキーワードをきり含む記事を表示するのではなくいかにその意図にかなった検索結果を、検索意図をよみとり、返すかが題材となってきてるのだ。

SEOへの配慮がコンテンツマーケティングにおいても必要だ。それが「ハミングバード・アップデート」だ。

長たらしいしっぽの部分の売り上げが大切だ、という話なのだが、そのしっぽの方、つまりキーワードでも検索数が心ばかりの言葉がロングテールキーワードであり、重要というここがわけだ。コレにたいし、ハイクオリティなコンテンツをいかにして作成をしていくかといった、今後もコンテンツマーケティングはますます重要視されるだろう。

ただ考慮をその時にするべきなのは、検索ボリュームの沢山「ビッグキーワード」でなく、いわゆる検索ボリュームが数百といった単位の、「ロングテールキーワード(スモールキーワード)」だ。ちなみに、ロングテールというもともと言葉は、Amazon.comで扱っている本の個別アイテムごとの販売数を、左から棒グラフとして売れている順に並べていった時に、しっぽ(tail)の長たらしい恐竜のような形にグラフの形がなったことから来てる(当然Amazon.comだけではないが、同社のモデルがその代表)。

では、効果がSEOにはないのか?そんな事はない。


ホーム RSS購読 サイトマップ